IMG_9432


町田のみなさん、町田じゃないみなさんもこんにちは。

気がつけば2016年もあとわずか。
街はあわただしくて師走を実感しはじめた今日この頃です。
来週末にはクリスマスがやってきますしね。
ではクリスマスケーキについて・・・と言いたいところですが、
そんな時期にあえてオススメするのは町田の老舗和菓子屋「若葉堂 本店」です!


「若葉堂 本店」ってどんなお店なの?
IMG_9429
 創業は1965年、50年以上続く老舗です。
こだわりの北海道産の良質な小豆を使った自家製あんが特徴です。
こちらの店主はテレビドラマの和菓子職人の指導も行ったことがあるんだとか!
すごいですね、地域に愛されてお店が長く続いていることだけでもすごいのに。
信用と信頼があるのですね。


「若葉堂 本店」で和菓子を買って実際に食べてみたよ!
IMG_9430
さて私はお店に入る前にとっても気になるコーナーを発見。
店舗前のショーケース?には縁起物がたくさん飾られているんです。
縁起物好きの私としては見逃せません。
たぬきの愛らしい表情がたまりません(笑)

店内は広く、たくさんのお菓子が並んでいました。
店員さんもやさしい笑顔で迎えてくださいます。
お菓子の相談にもしっかり答えてくださるので、贈り物選びも安心です。


それでは若葉堂の美味しいお菓子をご紹介します。
IMG_9438
左が練り切りの菊、右が季節限定「栗蒸し羊羹」です。
練り切りはもう芸術品ですよね。
食べるのがもったいないほど美しい。
たくさん種類がありましたが黄色が美しい菊にしてみましたよ。
普通はお茶の席なんかでいただくんでしょうけど、優雅に自宅用としてもオススメです。
上品な甘さでペロリです。
「栗蒸し羊羹」はちょっと想像と違っていました。
羊羹ということである程度の固さがあると思っていたんですが、とっても柔らかでなめらかな口どけです。
小豆と栗の相性は言わずもがなです。
やさしい懐かしい味でほっこりとした気分になりますよ。
IMG_9773
お次も季節限定「桃どら焼き」。
こちらも想像と違いました。
あんこ自体に桃が練りこんであるのかなぁと思って食べていたら・・・なんだかゴロっとする!
まだ食べていなかった夫の桃どら焼きをわってもらうと・・・!!!
IMG_9774
わっ!
桃じゃなくて梅???とびっくりして食べてみてなるほど。
正体は桃の甘露煮でした。
甘露煮は口の中ではじけてフレッシュな甘さが広がります。
白餡との相性もバッチリですよ。
s-tkh456_0702
画像 リビングまちだ・さがみ
そして、町田認定名産品の「薬師池」。
待ちきれなくて写真を撮らずに食べてしまうという失態をおかしました・・・。
s-tkh456_0703
画像 リビングまちだ・さがみ
皮には薬師池の菖蒲がデザインされていますよ。
中は白餡にくるみが混ぜてあります。
口にいれるとバターと白餡のなめらかさ、くるみの香ばしさが広がります。
バターと白餡なのにこんなにあっさりした味になるのか!と驚きます。
正直いくらでも食べられそうです(笑)
きっとあんこが苦手な人も食べられると思います!



いかがでしたか?
若葉堂にはまだまだたくさんのお菓子がありました。
自宅で楽しむのもいいですが、バラエティに富んでいるので贈り物にぴったりだと思います。
ちょっとしたお使い物(私はこの言葉が大好き(笑い))やお年賀にお渡ししてはいかがでしょうか。
町田のステキなお店が多くの方に知ってもらえるといいですよね。



若葉堂 本店
http://www.wakabado.co.jp/index.html
■営業時間 9:00~19:00
■定休日 毎月火曜日2回(詳細はHP)
■アクセス・お問い合わせ
 042-723-1634
 町田市中町3-24-6